ヒブワクチン供給不足

by ushiku
この投稿のコメントは受け付けていません。
Hib(ヒブ)は人から人に飛沫感染し、中耳炎や肺炎、細菌性髄膜炎を起こすことがある菌です。

ヒブワクチンは、生後2カ月~5歳の誕生日前日までの子供が接種できる感染症を予防するワクチンです。

標準的なスケジュールでは4回接種します。

このヒブワクチンの出荷が一時見合わせになるという通知が製造メーカーから届きました。

ヒブワクチンが不足し接種できなくなる恐れがありますので、ヒブワクチンの接種を予定している子供の保護者の皆様は、市役所の保健センター、または、かかりつけの医師によくご相談ください。

▽ 製造メーカーからの通知

アクトヒブ保護者様向け文書

この記事を共有する

コメントは締め切りました