一般社団法人牛久市医師会

一般社団法人牛久市医師会は、令和元年10月1日に牛久市内で開業する医師と牛久市内の病院に勤務する医師合計76人を会員として発足しました。

定款に掲げた事業目的 

『本会は、会員相互に協力し、行政並びにすべての医療関係者と連携して、医療の担い手として牛久市民に貢献することを目的とする。』

一般社団法人牛久市医師会よりご挨拶 

会長 河合 清

(医療法人社団河合医院 院長)

 この度、龍ケ崎市・牛久市医師会から独立して、令和元年10月1日に新たに誕生した一般社団法人牛久市医師会の会長に就任しました。
 私は牛久市で医院を開業して34年になります。開業して間もなく先輩に誘われて医師会の活動に参加してきました。
 微力ながら令和という新しい時代に相応しい医師会の土台作りに関わらせていただきます。

 牛久市医師会を新しく設立した理由は、より地域に密着した医療の必要性が高まっている事にあると考えます。
 現在の超高齢社会の中で地域医療には様々なことが求められています。
 その中でも在宅医療やかかりつけ医などの要請に応えていくためには、病診連携をはじめ、行政、看護師、歯科医師、薬剤師、ケアマネジャー、介護士、など、すべての医療・福祉関係者の連携が強くなくてはなりません。

 このために牛久市に特化した医師会を作る必要がありました。
 医師の権利を守るだけなら人数が多い大きな医師会の方が有利ですが、敢えて牛久市に特化した小さな医師会を作ったのは、地域に密着した機動力のある医療を実現するためです。

 このように考えると新しい医師会の役割が見えてきます。それは牛久市で医療・福祉に携わるすべて人たちの良い関係を生み出すことです。そのためにまず為すべきことは、牛久市の医師同士の関係が、今まで以上に深くなることが課題だと思います。こうなるように私たちの医師会は会員が楽しく活動できる会を目指します。そして、ひとりでも多くの医師が積極的に参加してくれる医師会を目指します。
 医師同士の顔が見える風通しの良い医師会なら、牛久市の医療・福祉に関わるすべての人たちと良い関係を築けると信じています。
 こういう組織になることで「医療で市民に貢献する。」という医師会の目標に近づけます。
 この環境作りが、私が考える医師会の土台作りです。

 牛久市医師会の会員のみなさん、多くの会員が楽しんで活動する明るい医師会を実現しましょう。

 医療・福祉行政の担当者のみなさま、私たちといっしょに市民の健康を守り、弱者や高齢者を支える医療環境を実現するよう努力しましょう。

 牛久市で活躍されている医療・福祉に関連する仕事をされているみなさま、牛久市医師会はみなさまとの連携が進むように、できるだけ敷居を低くして対応させていただきますので、積極的な情報交換をしてください。
 
 これが新しい牛久市医師会を設立した私たちの思いです。
 この思いを医師会の定款の目的にしました。
 「本会は、会員相互に協力し、行政並びにすべての医療関係者と連携して、医療の担い手として牛久市民に貢献することを目的とする。」
 この目的のために活動しますので、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。
 この度、龍ケ崎市・牛久市医師会から独立して、令和元年10月1日に新たに誕生した一般社団法人牛久市医師会の会長に就任しました。
 私は牛久市で医院を開業して34年になります。開業して間もなく先輩に誘われて医師会の活動に参加してきました。
 微力ながら令和という新しい時代に相応しい医師会の土台作りに関わらせていただきます。

 牛久市医師会を新しく設立した理由は、より地域に密着した医療の必要性が高まっている事にあると考えます。
 現在の超高齢社会の中で地域医療には様々なことが求められています。
 その中でも在宅医療やかかりつけ医などの要請に応えていくためには、病診連携をはじめ、行政、看護師、歯科医師、薬剤師、
ケアマネジャー、介護士、など、すべての医療・福祉関係者の連携が強くなくてはなりません。
 このために牛久市に特化した医師会を作る必要がありました。医師の権利を守るだけなら人数が多い大きな医師会の方が有利ですが、敢えて牛久市に特化した小さな医師会を作ったのは、地域に密着した機動力のある医療を実現するためです。

 このように考えると新しい医師会の役割が見えてきます。それは牛久市で医療・福祉に携わるすべて人たちの良い関係を生み出すことです。そのためにまず為すべきことは、牛久市の医師同士の関係が、今まで以上に深くなることが課題だと思います。こうなるように私たちの医師会は会員が楽しく活動できる会を目指します。そして、ひとりでも多くの医師が積極的に参加してくれる医師会を目指します。
 医師同士の顔が見える風通しの良い医師会なら、牛久市の医療・福祉に関わるすべての人たちと良い関係を築けると信じています。
 こういう組織になることで「医療で市民に貢献する。」という医師会の目標に近づけます。
 この環境作りが、私が考える医師会の土台作りです。

 牛久市医師会の会員のみなさん、多くの会員が楽しんで活動する明るい医師会を実現しましょう。

 医療・福祉行政の担当者のみなさま、私たちといっしょに市民の健康を守り、弱者や高齢者を支える医療環境を実現するよう努力しましょう。

 牛久市で活躍されている医療・福祉に関連する仕事をされているみなさま、牛久市医師会はみなさまとの連携が進むように、できるだけ敷居を低くして対応させていただきますので、積極的な情報交換をしてください。
 
 これが新しい牛久市医師会を設立した私たちの思いです。
 この思いを医師会の定款の目的にしました。
 「本会は、会員相互に協力し、行政並びにすべての医療関係者と連携して、医療の担い手として牛久市民に貢献することを目的とする。」
 この目的のために活動しますので、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。
関係各位からのご挨拶
牛久市医師会役員等からのご挨拶